77歳の喜寿のお祝い品の本当に嬉しい贈り物は何でしょう

イラスト

このイベントは簡単に77歳のことを指します。
「喜」の字は、昔の書き方で書いた時、上から見ると「七一七」のように見えることから縁起を担ぎ、喜寿がされるようになりました。
この行事は、日本古来のもので室町時代頃から始まったものです。 昔はこの年齢と言えば相当の高齢だったのですが、現代では医療や科学の発達とともに若々しい人が多いです。 そのため、お祝い品も変化してきています。 昔は、紫の座布団が定番でしたが、現在は様々なものが贈られるようになっています。 では、どのような商品が喜寿の贈り物として贈られているのでしょうか。 お孫さんのことは、祖父母にとって誰よりも可愛いものです。 そのため、お孫さん関連のものを誕生日のプレゼントすると成功例も多く喜ばれます。 お孫さんの写真が沢山入っているフォトブックなどもよく選ばれます。 自分でつくってみるのも良いのですが、せっかくの77歳の記念日のお祝い品なのでプロの業者に頼んで作成すると、とても素敵なものが出来上がることでしょう。 本屋さんに並んでいる本のような写真集をつくることが出来ます。

本当に喜んで貰える77歳の喜寿の人気のお祝い品は?

写真でフォトブックを喜寿のお祝い品にする場合

値段もそれ程高いものではありません。 40ページで1700円程度からつくることが出来ますので、可愛いお孫さんの写真がいっぱいのフォトブックを喜寿の記念にお祝い品としてつくり、渡してあげることで良いプレゼントとなることでしょう。
また、ビデオレターなども最近は人気があります。
77歳で離れて住んでいる家族などの場合は、お孫さん、子供たちが映っているビデオレターも素敵です。 ビデオレター作成はフォトブックより高額になりますが、プロの業者に頼んでも2万円程度からつくることが出来ます。 但し、受け取られる方の家に再生できる機器があるか、その機器を使うことが出来るのかということを、しっかりと確認してからにしましょう。 その他、趣味関係のものを贈っても喜ばれます。 最近は、年を重ねられても趣味で楽しく毎日を過ごされている方が大勢おられます。 趣味に費やす時間がとても長くなっているのです。 そのため、その方の趣味にあった誕生日のプレゼント贈り物を用意することでかなり喜ばれることでしょう。 例えば、ゲートボールをされている77歳の記念日の喜寿のイベントは、シューズや帽子、ウェアなどがお祝い品としても人気でお勧めです。 ゲートボールをする時に動きやすい格好でいる事が大切ですし、転んだ時のために帽子をかぶっている人が多いのです。 成功例や口コミでもありますが、それらのものであれば、幾つあっても困るものではありません。

種類やジャンルも豊富になって来ている77歳喜寿のお祝い品

実用性の高い靴や服などの喜寿お祝い品は好みがある

また人形づくりや和裁など、手芸関係のものをされている時には、手芸道具を贈られるのも良いです。
ソーイングボックスなども喜寿のお祝い品としてお勧めです。
その他、元気にランニングしている77歳の方の際は、ランニングシューズを贈ることも良いでしょう。 但し、この様な状況は好みがありますし、足にあう靴でなければいけませんので、ご本人と一緒に来店して購入する必要があります。 成功例だけでなく失敗もありますがそれでも定番であるものは、ファッションアイテムです。 年を重ねられてもおしゃれな方は大勢おられます。 素敵な装いにあうファッションアイテムを贈ることで、喜ばれることでしょう。 但し、いかにもお年寄り向けの地味な印象をうけるものは、誕生日でも嫌がられる可能性があります。 派手すぎるのもいけませんが、柔らかく明るめの色合いの喜寿のお祝い品を選ぶようにしましょう。 例えば、パステルカラーの水色、グリーンなども77歳の記念日の贈り物にはお勧めです。 これらの色合いのブラウスやシャツなどの衣服のプレゼントもよいですし、また、日傘やバッグなどの服飾雑貨も人気があり素敵です。

77歳でも実用性の高い普段使える喜寿のお祝い品

生活必需品よりも喜寿お祝い品は一生に一度の物を

事前に、好みの色を聞いておくことも大切です。 好みの色で明るめで柔らかなイメージをあたえるものを、記念日のお祝い品を選ぶようにしましょう。 また、77歳の喜寿で着物をよく着る人の時には、扇子や和装用のバッグなどもお勧めです。
扇子と日傘、ハンカチなどがセットになったものもよく売られています。 あまり可愛らしい柄のものではなく、大人の上品さを演出するようなものを選ぶようにしましょう。 和装用のバッグは正装の時に使うような金入のものではなく、もっと気軽な布製の軽いものがお勧めです。 日常的に気軽に持っていくことが出来るものの方が贈り物は喜ばれることでしょう。 寝具もよく喜寿のお祝い品として選ばれています。 年を重ねると、肩こりや腰痛などが酷くなるケースがあります。 それは寝具が原因の状況が多いのですが、なかなか寝具の買い替えはしないものです。 そのため、寝具を贈ると喜ばれることが多いのです。 羽毛布団なども良いですし、毛布、枕なども良いです。 人気の高い羽毛布団の場合はダウン率90%以上のものを選ぶようにしましょう。 ダウン率が高いものは軽くてあたたかいので、成功例や評価でも高く77歳のお年寄りのプレゼントにも使いやすいのです。 但し、5万円以上はします。

誕生日に好みや欲しいものから喜寿のお祝い品を選ぶ

今後も長生きをするための活力となる喜寿のお祝い品を

また、毛布も純毛毛布の方があたたかく軽く、汚れもつきにくいので衛生的です。 ウール毛布、カシミヤ毛布、アルパカ毛布などの贈り物があります。
アクリル毛布などと比べると、人気の商品は高額になりますが、軽いものである方がお年寄りには喜ばれることでしょう。 枕を贈るケースでは、喜寿のお祝い品でも必ず本人と一緒に来店して選ぶようにしましょう。 枕は固さ、素材、高さなど、色々と好みがありますので、注意が必要です。 せっかく贈るのですから、気にいって長く使ってもらえるものを贈る方が良いでしょう。 77歳で夫婦ともに健在の際には、二人お揃いのものを贈ることも喜ばれます。 例えば、夫婦茶碗や夫婦湯のみなどです。 箸から茶碗、湯のみのセットも良いでしょう。 二人ともに長生きして欲しいという願いをこめて、贈るようにしましょう。 食器を選ぶ場合は、上品で華やかな印象のものを選んだ方が喜ばれます。 お年寄りだからと地味なものを選ぶのは、あまり好まれませんので、注意するようにしましょう。 このようにジャンルも違えばプレゼントは様々なものがあります。 その人が喜んでくれるものを選び、贈るようにしましょう。 また、贈る時期ですが、誕生日の少し前ぐらいが最適です。 記念日の少し前ぐらいに、内輪でパーティを開いたりして贈るようにしましょう。 成功例としては場所は自宅でも良いですが、たまの事なのでレストランの個室などを予約して行うと、とても喜ばれます。 お孫さんたちから手渡したりして、感謝の気持を表すようにしましょう。 喜寿のお祝い品とは、77歳になったことを祝うものです。 心をこめてするようにしましょう。

夫婦でお揃いの喜寿のお祝い品をプレゼント

米寿

数え年

相場

スピーチ

このページの先頭へ